Results for category "ubuntu server"

heroku CLIの使い方

忘れがちなのでメモ。

公式ヘルプheroku CLIに書いてあるけど、こちらでもあらためて説明しておく。

Windowsで使う場合を説明する。

説明

まずはtoolbeltをダウンロードしてインストールする。
次にコマンドプロンプトを開く。(管理者権限なしで良い)
カレントをtoolbeltがインストールされたフォルダ(デフォルトでは”C:\Program Files (x86)\Heroku\bin”)に移動させる。

cd C:\Program Files (x86)\Heroku\bin

以下のコマンドを打ってログイン

heroku login

ログイン時にE-mailとパスワードを聞かれるので打ち込む。
“Authentication successful.”と表示されればログイン成功だ。
普通のコマンドプロンプトに戻るが、herokuのコマンドが打てるようになっている。


0

有料レンタルサーバーお名前.com vps, wpXクラウド, wpXレンタルサーバーをベンチマーク取ってみた

友人のサイトの管理をしてるんだけど、
今までAmazon AWS EC2 microインスタンスの無料枠を使っていたのだが、アクセス数が増えてきて、timeoutエラー起こしまくりで耐え切れなくなってきたので、乗換えを検討することになった。
サーバー選びの基準は以下の通り。
・Wordpressが動くこと(つまりPHP+MySQLが使えること)
・費用は一月1000円以下
・上記の条件内でなるべく速い方が良い

んで、まあ、やっぱり一番悩むのは速度だ。
下記のサイトを参考に候補を絞り込んでいったのだが、結局VPSと普通のレンタルサーバーでどっちが速いのか判断付かなかったので、VPSで一番速いお名前.com vpsとレンタルサーバーで一番速いwpX(wpXはクラウドレンタルサーバーがある)でベンチマークとって比較してみた。
[参考サイト]
VPSベンチマーク比較完全版[GMO/カゴヤ/お名前/さくら/Serversman(DTI)/conoha+専用サーバ]
WordPressのためのレンタルサーバーまとめと比較

ベンチマーク

ベンチマークの内容は以下の通り。
・Apache Benchで-c 10 -n 100を4回計測してRequests per second[#/sec]を比較した。
・計測に使ったサイトは割りと画像多め(もちろんWordpressで作られている)
 ちなみにAmazon EC2 microインスタンス(nginxリバースプロキシなし)で(あまりに遅いので)計測不可能になっちゃうサイト
・計測した日時は日曜の午前中
・お名前.com vpsはWordPressテンプレート(nginxにリバースプロキシを設定して高速化している)を使用している。さらにwordpressにWP Super cacheプラグインを入れた場合と無い場合の両方を計測した。
・wpXレンタルサーバーはwpX独自のキャッシュ機能が備わっており、キャッシュありなしが選択できるので両方を計測した。WP Super cacheプラグインは入れてない(あっても速度変わらなかったので)。
・wpXクラウドはキャッシュありしか選できないのでキャッシュありのみ計測した。WP Super cacheプラグインは入れてない。

サーバー プラン 料金(月) ベンチマーク1回目 2回目 3回目 4回目
お名前.com vps(キャッシュなし) メモリ1GBプラン 896円(税抜) 2.82 2.69 2.63 2.68
お名前.com vps メモリ1GBプラン 896円(税抜) 10.10 10.08 10.08 10.13
wpXレンタルサーバー(キャッシュなし) なし 1,000円(税抜) 4.90 4.68 4.98 4.78
wpXレンタルサーバー なし 1,000円(税抜) 33.90 35.21 16.31 16.53
wpXクラウド グレードA 500円(税抜) 30.76 22.53 17.52 38.47

wpXが数値的にも体感的にもwpXが速い。
wpXクラウドとwpXレンタルサーバーではそんなに速度変わらないようだ。
アクセスが多いといっても月3万PVぐらいなので、wpXクラウドのグレードAで大丈夫そう。
これで月500円は安いね。


0

無料レンタルサーバーWPblogをApache Benchでベンチマーク取ってみた

ついでにWPblogでもベンチマーク取ってみた。

C:\xampp\apache\bin>ab -n 100 -c 10 http://blog.chat.ac/
This is ApacheBench, Version 2.3 <$Revision: 1528965 $>
Copyright 1996 Adam Twiss, Zeus Technology Ltd, http://www.zeustech.net/
Licensed to The Apache Software Foundation, http://www.apache.org/

Benchmarking blog.chat.ac (be patient).....done


Server Software:        Apache
Server Hostname:        blog.chat.ac
Server Port:            80

Document Path:          /
Document Length:        278707 bytes

Concurrency Level:      10
Time taken for tests:   9.828 seconds
Complete requests:      100
Failed requests:        0
Total transferred:      27895600 bytes
HTML transferred:       27870700 bytes
Requests per second:    10.18 [#/sec] (mean)
Time per request:       982.756 [ms] (mean)
Time per request:       98.276 [ms] (mean, across all concurrent requests)
Transfer rate:          2771.98 [Kbytes/sec] received

Connection Times (ms)
              min  mean[+/-sd] median   max
Connect:       13   30   7.8     31      49
Processing:   598  890 256.2    860    2422
Waiting:       13   39  23.5     31     141
Total:        647  920 256.0    885    2460

Percentage of the requests served within a certain time (ms)
  50%    885
  66%    930
  75%    972
  80%    983
  90%   1025
  95%   1269
  98%   2063
  99%   2460
 100%   2460 (longest request)

Xdomainと似たような結果になった。
ちなみにFTPはxdomainと同様に圧縮転送&解凍ができないっぽい。
また、SQLのインポートで文字化けした。(インポート/エクスポート自体はボタン一つで簡単操作なんだけど)


0

無料レンタルサーバーXdomainをApache Benchでベンチマーク取ってみた

Capnixがあまりに遅かったので、Xdomainに引っ越してみた。
そして、早速ベンチマークを取ってみた。
結果は次の通り。
(計測日時は2014/05/30 23時ごろ)

C:\xampp\apache\bin>ab -n 100 -c 10 http://blog.chat.ac/
This is ApacheBench, Version 2.3 <$Revision: 1528965 $>
Copyright 1996 Adam Twiss, Zeus Technology Ltd, http://www.zeustech.net/
Licensed to The Apache Software Foundation, http://www.apache.org/

Benchmarking blog.chat.ac (be patient).....done


Server Software:        Apache
Server Hostname:        blog.chat.ac
Server Port:            80

Document Path:          /
Document Length:        231351 bytes

Concurrency Level:      10
Time taken for tests:   8.844 seconds
Complete requests:      100
Failed requests:        0
Total transferred:      23160160 bytes
HTML transferred:       23135100 bytes
Requests per second:    11.31 [#/sec] (mean)
Time per request:       884.351 [ms] (mean)
Time per request:       88.435 [ms] (mean, across all concurrent requests)
Transfer rate:          2557.51 [Kbytes/sec] received

Connection Times (ms)
              min  mean[+/-sd] median   max
Connect:       11   27   9.3     26      55
Processing:   247  829 518.5    670    4059
Waiting:       17  170 415.9     35    3018
Total:        259  856 516.5    707    4074

Percentage of the requests served within a certain time (ms)
  50%    707
  66%    793
  75%    890
  80%    981
  90%   1735
  95%   1902
  98%   2141
  99%   4074
 100%   4074 (longest request)

Requests per secondが11.31 [#/sec]
なかなか良い結果だ。
広告を表示する義務があるものの、速い方が良いよね。
ちなみにコントロールパネルの使い勝手はcapnixの方が使いやすかった。
xdomainはファイル転送でzipで転送しといて解凍とか、逆にサーバー上のファイルをzipに圧縮してダウンロードとかができないっぽい。
また引っ越したくなったときに苦労しそう。


0

無料レンタルサーバーCapnixをApache Benchでベンチマーク取ってみた

現在、このブログは無料レンタルサーバーCapnixで動かしてるんだけど、性能がどんなものか気になったのでApache Benchでベンチマーク取ってみた。
結果は次の通り。
(計測日時は2014/05/28 23時ごろ)

C:\xampp\apache\bin>ab -n 100 -c 10 http://blog.chat.ac/
This is ApacheBench, Version 2.3 <$Revision: 1528965 $>
Copyright 1996 Adam Twiss, Zeus Technology Ltd, http://www.zeustech.net/
Licensed to The Apache Software Foundation, http://www.apache.org/

Benchmarking blog.chat.ac (be patient).....done


Server Software:
Server Hostname:        blog.chat.ac
Server Port:            80

Document Path:          /
Document Length:        233265 bytes

Concurrency Level:      10
Time taken for tests:   36.464 seconds
Complete requests:      100
Failed requests:        0
Total transferred:      23353100 bytes
HTML transferred:       23326500 bytes
Requests per second:    2.74 [#/sec] (mean)
Time per request:       3646.409 [ms] (mean)
Time per request:       364.641 [ms] (mean, across all concurrent requests)
Transfer rate:          625.43 [Kbytes/sec] received

Connection Times (ms)
              min  mean[+/-sd] median   max
Connect:      270  297  10.3    296     322
Processing:  2605 3080 652.0   2888    5659
Waiting:      321  650 366.3    597    2613
Total:       2902 3377 650.1   3194    5944

Percentage of the requests served within a certain time (ms)
  50%   3194
  66%   3262
  75%   3297
  80%   3539
  90%   4123
  95%   5061
  98%   5925
  99%   5944
 100%   5944 (longest request)

なんとRequests per secondが2.74 [#/sec]!
こんなに遅いとは!
ちなみに他のサーバー(有料)の速度はこんな感じ。
WordPressインストールのためのレンタルサーバー比較
一番遅いサーバーでも10req/sec、速いサーバーだと50req/secにもなる。
これほど速度差があったとはね。
有料サーバーに引っ越す気は無いけど、他にもっと速い無料サーバー探したほうが良いかも。


0

Amazon AWS EC2 microインスタンスのUbuntuでswap領域を作ってMySQLが落ちないようにしよう

Amazon AWS EC2 microインスタンスでMySQLがよく落ちていたのだが、
原因はmicroインスタンスではswap領域が設定されていないために、メモリ不足で落ちていた。
 
Ubuntuでのswap領域の作り方は下記のリンクを参照。
swapファイルを追加する
 
※参考文献
Amazon EC2のMicro InstanceでWordPressを使うと、時々データベース確立エラーが起きるので対処した


0

node.jsのsocket.ioでIRCリレーサーバーを作ってherokuにデプロイしてみた

IRC Client
http://irc-client.herokuapp.com/
これはあくまでリレーサーバーであってIRCサーバーそのものではない。
図で説明するとこんな感じ。
irc.00.01
要はウェブブラウザから直接IRCサーバーには繋がらないので、両者を仲介するサーバーを作ったのだ。
 
ちなみにソースコードはgithubに置いた。
https://github.com/SimtterCom/irc-client
ソースコードのうち、リレーサーバーとIRCサーバーを繋ぐソースコード(irc.js)はKaedeさんのソースコードを使用したので、Kaedeさん作者への謝意とともにirc.jsの著作権はKaedeさん作者にあることを明記する
Node.jsで動くIRCBot、kaedeさんを作った
 
さらにちなみに開発はCloud9で開発した。
クラウドサービス使いまくって全部無料。
凄い時代だ。
 
では、IRC Clientの使い方を説明する。

画面説明

まずは、画面説明をする。
http://irc-client.herokuapp.com/にアクセスしたら下図の画面になる。
irc.01.01
 

テキスト入力欄

Host:アクセスするIRCサーバー名を指定する(デフォルトではWordPressのチャンネルがあるサーバーを設定している)
Port:IRCサーバーのポート番号(6667か6669)
User Nane:実際あまり使われることないが必要(実質どんな名前でも良い。スペースは使えない)
Real Name:これも使われることが無いが必要(スペースも使える)
Nick Name:IRCサーバーに繋がってるユーザー全てにユニークな名前でないといけない。チャットで表示されるのもこの名前
Channel Name:入りたいチャンネル名を指定する。指定したチャンネルが無い場合は自動で作られる。(デフォルトではWordPressの公式チャンネルを指定している)
Message:自分が発言したい内容を書き込む。
 

ボタン

Login:IRCサーバーにログインする。(ログインした後はボタンがLogoutに変更になる)
Logout:ログインしているIRCサーバーからログアウトする。
Join:チャンネルに参加する。(参加した後はボタンがPartに変更になる)
Part:参加しているチャンネルから離脱する。
Send:発言する。(Messageが空白だとボタンが無効になっている。Messageに何か文字を入れると有効になる)
 

表示

Channel Users:チャンネルに入っているユーザー一覧
Name:発言した人のNick Name
Message:発言内容
 

チュートリアル

次にチュートリアルを説明する。

IRCにログインする

irc.02.01
loginボタンを押してログインする
 
irc.02.02
Please Wait…ダイアログが表示されるのでしばらく待つ
 
irc.02.03
Successが表示されればログイン成功。
OKボタンを押す。
 
irc.02.11
Failedが表示されればログイン失敗。
Nicknameがすでに使われているので、違うNicknameに変更して再度Loginボタンを押す。
 

チャンネルに参加する

ログインが成功すれば次はチャンネルに参加する。
irc.02.04
Channel Nameに参加したいチャンネル名(デフォルトではWordpressの公式チャンネルになっている)を入力してJoinボタンを押す。
 
irc.02.05
Channel UsersとMessageに自分がジョインしたメッセージが表示されればジョイン成功。
 

発言する

次は実際発言してみよう。
irc.02.06
Messageに発言内容(この例ではHello!)を入力してSendボタンを押す。
 
irc.02.07
Nameに自分のニックネーム、Messageに発言内容が表示されれば発言成功。
 

チャンネルから離脱する

チャンネルからの離脱方法を説明する。
irc.02.08
Partボタンを押す。

IRCからログアウトする

IRCからのログアウト方法を説明する。
irc.02.09
チャンネルから離脱した状態でLogoutボタンを押す。
 
irc.02.10
ログイン前の状態に戻ればログアウト成功。


0

UbuntuにnginxをインストールしてWordPressを動かそう

AWS Amazon EC2 の micro インスタンスを使って、LAMP環境でWordPressを動かしていたんだけど、実に重かった。
んで、思い切ってApacheから巷で速いと噂のnginxに乗り換えてみた。
すると、見事爆速に動くようになった。
というわけで、nginxのインストール方法とphpへの対応、パーマリンクが使えるようにrewriteの設定などについて書く。

nginxのインストール

と言っても、下記のURLに全て書いてあるので参考にインストールする。
ただし、バーチャルホストの設定はここに書かれている内容から変えるので、あとから説明する。
VPS(Ubuntu 12.04)でWordPress環境(しかもnginx)を構築する。
 

バーチャルホストとrewriteの設定

バーチャルホストを設定していないデフォルトの状態のままだとHPにはWelcone to enginxと表示される。
nginxではデフォルトのルートが /usr/share/nginx/www になっているので、そこに入ってる内容を表示している。
そこにWordPressをインストールしても良いのだが、すでにWordPressはapache時代に/var/wwwにインストール済みなので/var/wwwを表示するようにしたい。
それにデフォルトのままではphpの表示やrewriteの設定も動いてないので、バーチャルホストを設定するのが良いだろう。
バーチャルホストの設定は下記の通り。(バーチャルホストの設定の中でrewriteの設定も行っている)
 
ここでは設定したいバーチャルホストのドメインをfoo.comだったとする。
まず、/etc/nginx/conf.d/ にバーチャルホスト用のファイルを追加する。
ubuntuのターミナルから下記を入力する。

sudo nano /etc/nginx/conf.d/foo.com.conf

nanoが立ち上がり、/etc/nginx/conf.d/ にfoo.com.confファイルが新規作成される。
 
続いて、foo.com.conf に下記の内容を書く。

server {
        listen        80;
        server_name   foo.com;
        access_log  /var/log/nginx/foo.com.access.log;
        error_log   /var/log/nginx/foo.com.error.log;

        root /var/www;
        index index.php index.html index.htm;
        charset utf-8;

        if (!-e $request_filename) {
                rewrite ^.+?($/-.*) $1 last;
                rewrite ^.+?(/.*\.php)$ $1 last;
                rewrite ^ /index.php last;
        }

        location ~* \.php$ {
                fastcgi_index   index.php;
                fastcgi_pass    127.0.0.1:9000;
                include         fastcgi_params;
                fastcgi_param   SCRIPT_FILENAME    $document_root$fastcgi_script_name;
        }

        location ~ /\.ht {
                deny  all;
        }
}

ctrl+Xでnanoを保存終了。
続いて、nginxをリロードする。

sudo service nginx reload

 
さらにnginxをリスタートする。

sudo service nginx restart

 
これで、foo.comにアクセスしたらWordPressが表示されて、パーマリンクの設定も動く。

※参考文献
VPS(Ubuntu 12.04)でWordPress環境(しかもnginx)を構築する。
nginxだけでWordPressを動かすための設定


0

WordPressが使える無料レンタルサーバーを比較してみた

WordPress使える、つまりPHPとMySQLが使える無料レンタルサーバーを比較してみた。
また独自ドメインが使えるかどうかも調べてみた。

サーバー ディスク容量 データベース容量 転送量制限 PHP MySQL 独自ドメイン 広告 場所
Capnix 10GB ディスク領域と共有 100GB/月 なし 海外
Lv9 10GB ディスク領域と共有 100GB/月 なし 国内
wkey.me 2GB ディスク領域と共有 不明 なし 国内
000webhost 1.5GB ディスク領域と共有 100GB/月 なし 海外
byethost 1GB ディスク領域と共有 50GB/月 なし 海外
WPblog 1GB 100MB 不明 あり 国内
xdomain 1GB 50MB 不明 あり 国内
webcrow 1GB 50MB 50GB/月 あり 国内
xrea 50MB ディスク領域と共有 1GB/日 あり 国内

 
実際の使い勝手はコントロールパネルの使いやすさやアクセススピードによるから、実際使ってみないと分からないのが正直なところだ。
 


0

WordPressを無料レンタルサーバーCAPNIXに移転してみた

AWS Amazon EC2の無料枠期間も残すところ、あと1ヶ月を切った。
Amazon EC2は自由度が高くて、IaaSって素晴らしい!と思わせてくれた。
StatusNetを始め、WordPress、git、Redmine、Node.jsにいたるまで色んなものを入れれた。
無料枠で使うにはとっても素敵なサービスなんだけど、有料となると、Microインスタンスでさえ、月1500円かかるのはちょっと高い。
Microインスタンスだと実質WordPress入れるのが精一杯。
他のを欲張って入れるとCPUを使い切って、MySQLがよく落ちるようになってしまった。
これはもしかしたら、私の環境がUbuntu+Apache2からかも知れないが。
Amazon AMI+nginxが速いらしいんだけど。
どっちにしろ、月1500円払うほど大したことやってないので、せめてブログだけでも、安いところに移転できないかと移転先を探した。
国内の無料レンタルサーバーのxreaも良いかなあと思ったけど、広告入るのも嫌だなあと。
そして、海外の無料レンタルサーバーであるCAPNIXを使ってみることにした。
ディスク容量10GB、転送量100GB/月まで、PHPとMySQLが動いて、広告もなし。
いったい何で儲けているのか怪しいぐらいだけど、とりあえず試しに使ってみた。
登録方法は解説する必要もないぐらいに超簡単だった。
(名前とか住所とかメールアドレスとかよくある入力項目を入力して、メールアドレスに招待メールが送られてくるので、メール内のリンクをクリックすれば完了)
コントロールパネルは英語かフランス語しか対応していないが、この手のサービスに慣れた人なら分かるだろう。

今表示しているこのブログはCAPNIX上で動いてるんだけど、全く遅延もしないし、今のところ、問題なし。


0