Results for category "ubuntu server"

WindowsにVirtualBoxでUbuntuをインストールしよう

WindowsにVirtualBox、Ubuntu Serverをインストールして、WindowsとUbuntu Serverをローカルネットワークで繋ぐ設定までを説明します。
 

VirtualBoxをインストール

VirtualBoxのダウンロードページからVirtualBox 4.3.8 for Windows hostsをダウンロードしてインストールします。
 

Ubuntu Serverをダウンロード

Ubintu ServerのダウンロードページからLTSをダウンロードします。
 

VirtualBoxにUbuntu Serverをインストール

この手順はWindowsのVirtualBoxにUbuntu 13.04をインストールしてみたを参考にしましょう。
ここで気を付けたいのは、Ubuntu ServerはEnglishをインストールすること。
日本語をインストールするとTerminalに表示される日本語が文字化けしてしまいます。
日本語に対応したTerminal(fbterm)をインストールすれば表示できますが、手間が増えるので、ここは潔くEnglishをインストールするのが無難。
 

VirtualBoxでホストオンリーアダプターを設定

VirtualBoxマネージャーでUbuntu Serverを選択した状態で設定ボタンを押す
virtualbox.1.1
 
ネットワークタブを表示してアダプタ1にはNATが選択されていることを確認(デフォルトでNATになっているはず)
virtualbox.1.2
 
アダプタ2を有効にしてホストオンリーアダプターを割り当てる。
virtualbox.1.3

Ubuntuのネットワークを設定

まずはホストオンリーアダプターのIPアドレスを確認する。
VirtualBox1のファイル > 環境設定 を選択する
virtualbox.2.1
 
環境設定でネットワークタブを選択し、ホストオンリーネットワークタブのVirutalBox Host-Only Ethernet Adapter を選択し、編集ボタンを押す
virtualbox.2.2
 
IPv4アドレスを覚えておく
virtualbox.2.3
 
VirtualBoxからUbuntuを起動する
virtualbox.2.4

Ubuntuでnetwork intarfacesを編集する

sudo nano /etc/network/interfaces

 
interfacesを以下の内容に編集する

auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet dhcp

auto eth1
iface eth1 inet static
address 192.168.56.2
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.56.1

※ gatewayにホストオンリーアダプターのIPv4アドレスを設定します。
 
ネットワークを起動する

sudo /etc/init.d/networking start

 
ubuntu起動時にネットワークも起動するように自動実行に設定

sudo nano /etc/rc.local

 
rc.localに以下の内容を追加

/etc/init.d/networking start

 
以上でWindowsとUbuntu Serverをローカルネットワークで繋ぐことができました。
Windowsから192.168.56.2にアクセスするとUbuntuに繋がります。
 
※ 参考文献
WindowsのVirtualBoxにUbuntu 13.04をインストールしてみた
VirtualBoxでのネットワーク設定(NAT+ホストオンリーアダプタによるホストOSとゲストOS間の通信)


0

ubuntuにWordPressをインストールしよう

WordPressのインストール方法を解説します。
前提となる環境は以下の通り。
ドメイン管理:ムームードメイン
サーバー:AWS(Amazon Web Service)
OS:Ubuntu, PHP, MySQL, インストール済み
Tera Termで通信
 
前提となる環境が足りない人は下記のリンクを読んで、前提の環境を構築してください。
chat.acができるまで(ドメイン取得)
chat.acができるまで(サーバー取得と設定)
chat.acができるまで(ドメイン名設定)
chat.acができるまで(statusnetをインストール)
 
では、WordPressのインストール方法を解説します。
今回はユーザーディレクトリにWordPressをインストールします。
 

Step.1:WordPressをダウンロードして解凍

まず、WordPressの日本語最新版をダウンロードしましょう。
今の最新バージョンは3.6.1らしいです。
(最新のバージョンはWordPressのホームページで調べてください。)
 
下記のコマンドを入力してください。

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ wget http://ja.wordpress.org/wordpress-3.6.1-ja.zip

wget: インターネットからファイルをダウンロードするコマンドです。
http://ja.wordpress.org/wordpress-3.6.1-ja.zip: ダウンロード元
次にwordpress-3.6.1-ja.zipを解凍します。
下記のコマンドを入力してください。

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ unzip wordpress-3.6.1-ja.zip

unzip: zipファイルを操作するコマンドです。
wordpress-3.6.1-ja.zip: 解凍するファイルを指定します。
wordpressというディレクトリが作成されて、その中にwordpressの中身が解凍されます。
圧縮ファイルは不要になりましたので削除してください。

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ rm wordpress-3.6.1-ja.zip

Step.2:データベースを作成

次にデータベースを作成します。
作成はchat.acができるまで(statusnetをインストール)のStep.8:statusnet用のデータベースの作成を参考にしてください。
データベース名はWordPress用に任意の名前にしてください。
例えば、下記のようにコマンドを入力してください。

mysql> create database wordpress;
mysql> grant all privileges on wordpress.* to xxxxxxxxx@localhost identified by '*********';

Step.3:アクセス権限の設定

次にWordPressが書き込めるようにディレクトリに書き込み権限を与えます。
下記のコマンドを入力してください。

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ sudo chown -R www-data:www-data /home/ubuntu/wordpress/

chown: ファイルやディレクトリの権限を設定するコマンドです。ubuntuやlinux系OSでは各ファイルやディレクトリに権限が設定されていてデフォルトではroot以外書き込みができないよう設定されいます。
Windowsと違って書き込み権限が厳しく設定されているために、linuxはセキュリティが厳しいといわれています。
-R: 指定のディレクトリ以下の権限を設定するオプションです。
www-data:www-data: www-dataグループのwww-dataユーザーに書き込み権限を与えることを意味します。www-dataはapacheのことです。
/home/ubuntu/wordpress/: 権限を操作するディレクトリを指定します。

Step.4:mod_rewriteモジュールを有効

WordPressではパーマリンクが設定できますが、パーマリンクを有効にするためにはmod_rewriteモジュールを有効にする必要があります。
下記のコマンドを入力してください。

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ sudo a2enmod rewrite

a2enmod: modを有効にするコマンドです
rewrite: mod_rewriteモジュール
apacheを再起動します。

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ sudo /etc/init.d/apache2 restart

Step.5:サブドメインを設定

次にサブドメインを設定します。
サブドメインの設定方法は下記を参照してください。
ubuntuとムームードメインでサブドメインを設定しよう
設定ファイルの内容だけ上記とは違うので、下記を設定してください。

<VirtualHost *:80>
    ServerName blog.chat.ac
    ServerAdmin webmaster@localhost
    DocumentRoot  /home/ubuntu/wordpress
    ErrorLog /var/log/apache2/blog.error.log
    CustomLog /var/log/apache2/blog.access.log combined
    LogLevel warn
</VirtualHost>

Step.6:WordPressをインストール

次に設定ファイルを作成します。
設定ファイルはブラウザから作成できます。
設定したサブドメイン(例ではhttp://blog.chat.ac)にアクセスしてみてください。
 
wordpress.01
上図のページが表示されますので、「設定ファイルを作成する」ボタンをクリックしてください。
 
wordpress.02
「さあ、始めましょう!」ボタンをクリックしてください。
 
wordpress.03
「データベースを作成」の項で作成したデータベース名、ユーザー名、パスワードを入力して、送信ボタンを押してください。
データベースのホスト名はlocalhostのままで大丈夫です。
テーブル接頭辞は説明の通り、同じデータベースに複数のWordPressをインストールするときは、それぞれ別々の接頭辞を設定する必要があります。
また、セキュリティの観点からはデフォルトではない接頭辞を設定した方が良いようです。
 
wordpress.04
「インストール」ボタンをクリックしてください。
WordPressのインストールが始まります。
 
wordpress.05
サイトのタイトル:サイト、ブログの名前になります。
ユーザー名:ログイン時に使います。
パスワード:ログイン時に使います。
メールアドレス:お知らせメール(コメントが追加された等)が届きます。
以上を入力して、「WordPressをインストール」ボタンをクリックしてください。
 
wordpress.06
上図のページが表示されれば成功です。
「ログイン」ボタンをクリックしてログインしてみましょう。
 
wordpress.07
さきほど設定したユーザー名とパスワードを入力して、「ログイン」ボタンをクリックしてログインしてみましょう。
 
以上でWordPressのインストールは完了です。


0

ubuntuとムームードメインとWindows Liveでredmineから独自ドメインのメールを送ろう

Windows Liveなら独自ドメインのメールアドレスが作れるらしいので、
redmineからユーザーへお知らせメールを独自ドメインのメールアドレスから送られるように設定した。
設定を備忘録として記す。
※以前はGoogle Appsで独自ドメインのメールアドレスが作れたが、有料サービスに切り替わってしまった。
 Windows Liveなら無料で作れるらしい。

Windows Liveでの独自ドメインのメールアドレスを設定する方法は以下の記事を参考にした。
Windows Live + 独自ドメインで自分だけのメールアドレス

Windows Liveのアカウントの設定方法は上記の記事を参照してほしい。
ここでは、ムームードメインの設定方法とredmineからメールを送る設定を説明する。

なお、ムームードメインでのドメイン取得方法および設定画面へのアクセス方法は過去記事chat.acができるまで(ドメイン取得)を参照されたし。

smtp.01
ドメインの設定画面を表示したら、
MXの場合は、種別:MX、内容にWindows Live指定の文字列を設定する。
TXTの場合は、種別:TXT、内容にWindows Live指定の文字列を設定する。
設定したら、セットアップ情報変更ボタンを押して終了。

次にtera termからubuntuにアクセスして、redmineにsmtpの設定を行う。
なお、tera termの使い方は過去記事chat.acができるまで(statusnetをインストール)を参照されたし。

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ sudo nano /etc/redmine/default/configuration.yml

tera termからredmineにアクセスしたら、上記のコマンドを打ち込むと、
nanoが立ち上がり、configuration.ymlが新規作成される。

default:
    email_delivery:
    smtp_settings:
        enable_starttls_auto: true
        address: "smtp.live.com"
        port:587
        domain: "smtp.live.com"
        authentication: :plain
        user_name: "xxx@chat.ac"
        password: "xxxxxxxx"

nanoで上記を記入する。
user_nameとpasswordはWindows Liveで取得した独自ドメインのアカウントとパスワードを記入すること。
記入し終わったら、Ctrl+Xでファイルを保存して、nano終了。

以上で設定終わり。


0

ubuntuにgitの共有リポジトリを作ろう

ubuntuにgitの共有リポジトリを作ったので、備忘録として手順を記す。
ついでにクライアント(Windows)からTortoiseGitを使ってプッシュまでの方法、
redmineでのリポジトリの表示方法まで記す。

まずはTera Termを使って、Amazon EC2のubuntuに繋ぐ。
Tera Termの使い方は過去記事参照されたし。
chat.acができるまで(statusnetをインストール)
以下、Tera Termからのコマンド入力。

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ sudo apt-get install git-core

gitをインストール。

次に共有リポジトリを作るのだが、ディレクトリはどこでも良いみたいだ。
私はユーザーディレクトリの下に作っておいた。

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ mkdir git

git用のディレクトリを作成。
(sudoではなくユーザー権限でコマンド入力すること。あとでクライアントからユーザー権限でアクセスするので)

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ mkdir git/enchantcity

さらにgitで管理したいプロジェクト用のディレクトリを作成。(この例の場合enchantcity)

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ cd git/enchantcity

プロジェクト用のディレクトリに移動して

ubuntu@ip-x-x-x-x:~/git/enchantcity$ git init --bare

共有リポジトリの作成。

これでソースコードをプッシュする枠はできた。
続いてクライアントから共有リポジトリにソースコードをプッシュする。
TortoiseGitのインストールからコミット方法までは下記の記事を参考にしたので、省略する。
TortoiseGit を使って Git でバージョン管理する

クライアントでのコミットまでできたら、次は共有リポジトリにプッシュする。
git.01
gitで管理しているフォルダをエクスプローラの右クリックメニューのToritoseGitからプッシュ(リモートへ反映)を選択する。

git.02
プッシュダイアログが開いたら、管理ボタンを押す。

git.03
リモート: chat.ac
URL: ssh://ubuntu@chat.ac/home/ubuntu/git/enchantcity
リモートにはリモート名、URLには先ほど作成した共有リポジトリのディレクトリを入力する。
Putty 認証には…ボタンからAmazon EC2のサーバー作成のときに作成したkey pairを指定する。
key pairの作り方は過去記事chat.acができるまで(サーバー取得と設定)を参照されたし。
全て入力し終わったら、新規に追加/保存ボタンを押して、OKボタンを押す。

git.04
プッシュダイアログに戻り、OKボタンを押したら共有リポジトリへのプッシュが始まる。

次はredmineでリポジトリを表示する方法を説明する。
ubuntuにredmineをインストールする方法は過去記事ubuntuにredmineをインストールしようを参照されたし。

git.05
まず、redmineに管理者権限のあるユーザーでログインしたら、redmineのホーム画面からプロジェクトをクリックする。

git.06
次にリポジトリを関連付けたいプロジェクトをクリックする。

git.07
次にプロジェクト画面で設定をクリックする。

git.08
次にプロジェクトの設定画面でリポジトリをクリックする。

git.09
リポジトリの設定画面では、
バージョン管理システム: Git
リポジトリのパス: /home/ubuntu/git/enchantcity (先ほどubuntuで作成したディレクトリ)
を指定して、保存ボタンを押す。
以上でredmineからリポジトリを参照できる。


0

ubuntuにredmineをインストールしよう

redmineをインストールしたので、その手順を備忘録として残す。

以下の記事を参考にさせてもらった。
RedmineをUbuntu12.10へインストール

上記の記事のうち、mysqlやらapacheやらはすでにインストール済みなので、
passengerのインストールあたりから実行した。
一応自分が実行した内容を書く。

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ sudo apt-get install libapache2-mod-passenger

passengerのインストール。
これがないとrubyが動かないらしい。

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ sudo apt-get install redmine-mysql
ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ sudo apt-get install redmine

続いてredmineのインストール。

さらにサブドメインの設定。
サブドメインの設定方法はubuntuとムームードメインでサブドメインを設定しようを参考にされたし。
一応設定ファイルだけ書いておく。

<VirtualHost *:80>
    ServerName projects.chat.ac
    ServerAdmin webmaster@localhost
    DocumentRoot  /usr/share/redmine/public
    ErrorLog /var/log/apache2/projects.error.log
    CustomLog /var/log/apache2/projects.access.log combined
    LogLevel warn
</VirtualHost>

以上で完了。
以下のURLからredmineにアクセスできる。
http://projects.chat.ac
今のところ、EnchantCityとEnchantMapEditorをプロジェクトとして登録している。


1

ubuntuとムームードメインでサブドメインを設定しよう

ブログのURLを変えた。
新しいURLは
http://blog.chat.ac

サブドメインを使ってみたのだ。
備忘録として、設定方法を書きとめておく。

まずムームードメインでサブドメインを設定しよう。
ムームードメインの契約方法やコンパネの使い方とかは下記の過去記事を参考にしてください。
chat.acができるまで(ドメイン取得)
chat.acができるまで(ドメイン名設定)

subdomain.01
ムームードメインのサーバー設定画面を開いたら、以下の通り設定する。
サブドメイン:blog
種別:A
内容:IPアドレス(サーバー(私の場合Amazon EC2)で取った固定IPアドレス)
上記を設定して、セットアップ情報設定ボタンを押す。
以上、ムームードメイン側の設定は完了。
実にカンタン!

次は、ubuntuの設定を行う。
Tera Termを使って、Amazon EC2のubuntuに繋ぐ。
Tera Termの使い方も過去記事参照されたし。
chat.acができるまで(statusnetをインストール)

ubuntuでのサブドメインの設定方法は以下の記事を参考にさせてもらった。
http://qiita.com/items/0c81d14c9c1ad5367675

上記の記事とほぼ同じ内容だけど、一応自分の設定を載せておく。

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ sudo nano /etc/apache2/sites-available/blog

nanoを起動して、blogファイルを新規作成する。

<VirtualHost *:80>
    ServerName blog.chat.ac
    ServerAdmin webmaster@localhost
    DocumentRoot  /var/www/blog
    ErrorLog /var/log/apache2/blog.error.log
    CustomLog /var/log/apache2/blog.access.log combined
    LogLevel warn
</VirtualHost>

blogファイルの内容は上記の通り。
Ctrl+Xでblogファイルをセーブしてnano終了。

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ sudo a2ensite blog

有効化

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ sudo service apache2 reload

アパッチ再起動
以上。


2