Results for tag "redmine"

WordPressを無料レンタルサーバーCAPNIXに移転してみた

AWS Amazon EC2の無料枠期間も残すところ、あと1ヶ月を切った。
Amazon EC2は自由度が高くて、IaaSって素晴らしい!と思わせてくれた。
StatusNetを始め、WordPress、git、Redmine、Node.jsにいたるまで色んなものを入れれた。
無料枠で使うにはとっても素敵なサービスなんだけど、有料となると、Microインスタンスでさえ、月1500円かかるのはちょっと高い。
Microインスタンスだと実質WordPress入れるのが精一杯。
他のを欲張って入れるとCPUを使い切って、MySQLがよく落ちるようになってしまった。
これはもしかしたら、私の環境がUbuntu+Apache2からかも知れないが。
Amazon AMI+nginxが速いらしいんだけど。
どっちにしろ、月1500円払うほど大したことやってないので、せめてブログだけでも、安いところに移転できないかと移転先を探した。
国内の無料レンタルサーバーのxreaも良いかなあと思ったけど、広告入るのも嫌だなあと。
そして、海外の無料レンタルサーバーであるCAPNIXを使ってみることにした。
ディスク容量10GB、転送量100GB/月まで、PHPとMySQLが動いて、広告もなし。
いったい何で儲けているのか怪しいぐらいだけど、とりあえず試しに使ってみた。
登録方法は解説する必要もないぐらいに超簡単だった。
(名前とか住所とかメールアドレスとかよくある入力項目を入力して、メールアドレスに招待メールが送られてくるので、メール内のリンクをクリックすれば完了)
コントロールパネルは英語かフランス語しか対応していないが、この手のサービスに慣れた人なら分かるだろう。

今表示しているこのブログはCAPNIX上で動いてるんだけど、全く遅延もしないし、今のところ、問題なし。


0

ubuntuとムームードメインとWindows Liveでredmineから独自ドメインのメールを送ろう

Windows Liveなら独自ドメインのメールアドレスが作れるらしいので、
redmineからユーザーへお知らせメールを独自ドメインのメールアドレスから送られるように設定した。
設定を備忘録として記す。
※以前はGoogle Appsで独自ドメインのメールアドレスが作れたが、有料サービスに切り替わってしまった。
 Windows Liveなら無料で作れるらしい。

Windows Liveでの独自ドメインのメールアドレスを設定する方法は以下の記事を参考にした。
Windows Live + 独自ドメインで自分だけのメールアドレス

Windows Liveのアカウントの設定方法は上記の記事を参照してほしい。
ここでは、ムームードメインの設定方法とredmineからメールを送る設定を説明する。

なお、ムームードメインでのドメイン取得方法および設定画面へのアクセス方法は過去記事chat.acができるまで(ドメイン取得)を参照されたし。

smtp.01
ドメインの設定画面を表示したら、
MXの場合は、種別:MX、内容にWindows Live指定の文字列を設定する。
TXTの場合は、種別:TXT、内容にWindows Live指定の文字列を設定する。
設定したら、セットアップ情報変更ボタンを押して終了。

次にtera termからubuntuにアクセスして、redmineにsmtpの設定を行う。
なお、tera termの使い方は過去記事chat.acができるまで(statusnetをインストール)を参照されたし。

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ sudo nano /etc/redmine/default/configuration.yml

tera termからredmineにアクセスしたら、上記のコマンドを打ち込むと、
nanoが立ち上がり、configuration.ymlが新規作成される。

default:
    email_delivery:
    smtp_settings:
        enable_starttls_auto: true
        address: "smtp.live.com"
        port:587
        domain: "smtp.live.com"
        authentication: :plain
        user_name: "xxx@chat.ac"
        password: "xxxxxxxx"

nanoで上記を記入する。
user_nameとpasswordはWindows Liveで取得した独自ドメインのアカウントとパスワードを記入すること。
記入し終わったら、Ctrl+Xでファイルを保存して、nano終了。

以上で設定終わり。


0

ubuntuにredmineをインストールしよう

redmineをインストールしたので、その手順を備忘録として残す。

以下の記事を参考にさせてもらった。
RedmineをUbuntu12.10へインストール

上記の記事のうち、mysqlやらapacheやらはすでにインストール済みなので、
passengerのインストールあたりから実行した。
一応自分が実行した内容を書く。

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ sudo apt-get install libapache2-mod-passenger

passengerのインストール。
これがないとrubyが動かないらしい。

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ sudo apt-get install redmine-mysql
ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ sudo apt-get install redmine

続いてredmineのインストール。

さらにサブドメインの設定。
サブドメインの設定方法はubuntuとムームードメインでサブドメインを設定しようを参考にされたし。
一応設定ファイルだけ書いておく。

<VirtualHost *:80>
    ServerName projects.chat.ac
    ServerAdmin webmaster@localhost
    DocumentRoot  /usr/share/redmine/public
    ErrorLog /var/log/apache2/projects.error.log
    CustomLog /var/log/apache2/projects.access.log combined
    LogLevel warn
</VirtualHost>

以上で完了。
以下のURLからredmineにアクセスできる。
http://projects.chat.ac
今のところ、EnchantCityとEnchantMapEditorをプロジェクトとして登録している。


1