グルチャ

ubuntuにgitの共有リポジトリを作ろう

ubuntuにgitの共有リポジトリを作ったので、備忘録として手順を記す。
ついでにクライアント(Windows)からTortoiseGitを使ってプッシュまでの方法、
redmineでのリポジトリの表示方法まで記す。

まずはTera Termを使って、Amazon EC2のubuntuに繋ぐ。
Tera Termの使い方は過去記事参照されたし。
chat.acができるまで(statusnetをインストール)
以下、Tera Termからのコマンド入力。

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ sudo apt-get install git-core

gitをインストール。

次に共有リポジトリを作るのだが、ディレクトリはどこでも良いみたいだ。
私はユーザーディレクトリの下に作っておいた。

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ mkdir git

git用のディレクトリを作成。
(sudoではなくユーザー権限でコマンド入力すること。あとでクライアントからユーザー権限でアクセスするので)

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ mkdir git/enchantcity

さらにgitで管理したいプロジェクト用のディレクトリを作成。(この例の場合enchantcity)

ubuntu@ip-x-x-x-x:~$ cd git/enchantcity

プロジェクト用のディレクトリに移動して

ubuntu@ip-x-x-x-x:~/git/enchantcity$ git init --bare

共有リポジトリの作成。

これでソースコードをプッシュする枠はできた。
続いてクライアントから共有リポジトリにソースコードをプッシュする。
TortoiseGitのインストールからコミット方法までは下記の記事を参考にしたので、省略する。
TortoiseGit を使って Git でバージョン管理する

クライアントでのコミットまでできたら、次は共有リポジトリにプッシュする。
git.01
gitで管理しているフォルダをエクスプローラの右クリックメニューのToritoseGitからプッシュ(リモートへ反映)を選択する。

git.02
プッシュダイアログが開いたら、管理ボタンを押す。

git.03
リモート: chat.ac
URL: ssh://ubuntu@chat.ac/home/ubuntu/git/enchantcity
リモートにはリモート名、URLには先ほど作成した共有リポジトリのディレクトリを入力する。
Putty 認証には…ボタンからAmazon EC2のサーバー作成のときに作成したkey pairを指定する。
key pairの作り方は過去記事chat.acができるまで(サーバー取得と設定)を参照されたし。
全て入力し終わったら、新規に追加/保存ボタンを押して、OKボタンを押す。

git.04
プッシュダイアログに戻り、OKボタンを押したら共有リポジトリへのプッシュが始まる。

次はredmineでリポジトリを表示する方法を説明する。
ubuntuにredmineをインストールする方法は過去記事ubuntuにredmineをインストールしようを参照されたし。

git.05
まず、redmineに管理者権限のあるユーザーでログインしたら、redmineのホーム画面からプロジェクトをクリックする。

git.06
次にリポジトリを関連付けたいプロジェクトをクリックする。

git.07
次にプロジェクト画面で設定をクリックする。

git.08
次にプロジェクトの設定画面でリポジトリをクリックする。

git.09
リポジトリの設定画面では、
バージョン管理システム: Git
リポジトリのパス: /home/ubuntu/git/enchantcity (先ほどubuntuで作成したディレクトリ)
を指定して、保存ボタンを押す。
以上でredmineからリポジトリを参照できる。


Leave a reply

Your email address will not be published.

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>