グルチャ

WindowsにVirtualBoxでUbuntuをインストールしよう

WindowsにVirtualBox、Ubuntu Serverをインストールして、WindowsとUbuntu Serverをローカルネットワークで繋ぐ設定までを説明します。
 

VirtualBoxをインストール

VirtualBoxのダウンロードページからVirtualBox 4.3.8 for Windows hostsをダウンロードしてインストールします。
 

Ubuntu Serverをダウンロード

Ubintu ServerのダウンロードページからLTSをダウンロードします。
 

VirtualBoxにUbuntu Serverをインストール

この手順はWindowsのVirtualBoxにUbuntu 13.04をインストールしてみたを参考にしましょう。
ここで気を付けたいのは、Ubuntu ServerはEnglishをインストールすること。
日本語をインストールするとTerminalに表示される日本語が文字化けしてしまいます。
日本語に対応したTerminal(fbterm)をインストールすれば表示できますが、手間が増えるので、ここは潔くEnglishをインストールするのが無難。
 

VirtualBoxでホストオンリーアダプターを設定

VirtualBoxマネージャーでUbuntu Serverを選択した状態で設定ボタンを押す
virtualbox.1.1
 
ネットワークタブを表示してアダプタ1にはNATが選択されていることを確認(デフォルトでNATになっているはず)
virtualbox.1.2
 
アダプタ2を有効にしてホストオンリーアダプターを割り当てる。
virtualbox.1.3

Ubuntuのネットワークを設定

まずはホストオンリーアダプターのIPアドレスを確認する。
VirtualBox1のファイル > 環境設定 を選択する
virtualbox.2.1
 
環境設定でネットワークタブを選択し、ホストオンリーネットワークタブのVirutalBox Host-Only Ethernet Adapter を選択し、編集ボタンを押す
virtualbox.2.2
 
IPv4アドレスを覚えておく
virtualbox.2.3
 
VirtualBoxからUbuntuを起動する
virtualbox.2.4

Ubuntuでnetwork intarfacesを編集する

sudo nano /etc/network/interfaces

 
interfacesを以下の内容に編集する

auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet dhcp

auto eth1
iface eth1 inet static
address 192.168.56.2
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.56.1

※ gatewayにホストオンリーアダプターのIPv4アドレスを設定します。
 
ネットワークを起動する

sudo /etc/init.d/networking start

 
ubuntu起動時にネットワークも起動するように自動実行に設定

sudo nano /etc/rc.local

 
rc.localに以下の内容を追加

/etc/init.d/networking start

 
以上でWindowsとUbuntu Serverをローカルネットワークで繋ぐことができました。
Windowsから192.168.56.2にアクセスするとUbuntuに繋がります。
 
※ 参考文献
WindowsのVirtualBoxにUbuntu 13.04をインストールしてみた
VirtualBoxでのネットワーク設定(NAT+ホストオンリーアダプタによるホストOSとゲストOS間の通信)


Leave a reply

Your email address will not be published.

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>